デジタル印刷

Posted by on September 7, 2018

デスクトップ・パフリッシンダ(DTP) の普及によって、それまでデザイン、版下作成、製版がそれぞれの専門家に分業化されていた工程が、 コンピューター上で一人の作業者が行うことが可能になり、印刷の現場も様相が一変しました。 DTPを導入する印刷会社では、 DTPデータをイメージセッターという、色校正用の印画紙や印刷用の 製版フィルムなどが出力できる装置にかけ、そのまま自社で印刷するようになりました。 これらデジタル組版とデジタル製版を組み合わせた工程を「デジタル・プリプレス」と呼んでいます。 また、デジタル・プリプレスでは、同じ印刷前工程でも従来の写植版下方式と異なるため、「デジタル印刷」と区分しています。 デジタル印刷に必要な作業項目とその流れは次のようになります。 まず、テキストデータの準備にはじまり、レイアウト部品の作成をしてから、画像原稿のスキャンニングと補正をします。 その次に、組版という、レイアウト・ソフトによるぺージづくりにとりかかります。 そして、プリンター出力(プリンター校正)をし、面付けといわれる工程で出力用データを整形します。 最後に仕上げとして、中間出力(色校正)と最終出力をし、刷版焼付け、プリンター出力までを行います。 ここまでは、個人のパソコンなどで使われている一般的なDTPソフトで対応できますが、出力以降となると専門的なスキルが必要になります。

デスクトップ・パフリッシンダ(DTP) の普及によって、それまでデザイン、版下作成、製版がそれぞれの専門家に分業化されていた工程が、
コンピューター上で一人の作業者が行うことが可能になり、印刷の現場も様相が一変しました。

DTPを導入する印刷会社では、 DTPデータをイメージセッターという、色校正用の印画紙や印刷用の
製版フィルムなどが出力できる装置にかけ、そのまま自社で印刷するようになりました。
これらデジタル組版とデジタル製版を組み合わせた工程を「デジタル・プリプレス」と呼んでいます。
また、デジタル・プリプレスでは、同じ印刷前工程でも従来の写植版下方式と異なるため、「デジタル印刷」と区分しています。

デジタル印刷に必要な作業項目とその流れは次のようになります。
まず、テキストデータの準備にはじまり、レイアウト部品の作成をしてから、画像原稿のスキャンニングと補正をします。
その次に、組版という、レイアウト・ソフトによるぺージづくりにとりかかります。
そして、プリンター出力(プリンター校正)をし、面付けといわれる工程で出力用データを整形します。
最後に仕上げとして、中間出力(色校正)と最終出力をし、刷版焼付け、プリンター出力までを行います。
ここまでは、個人のパソコンなどで使われている一般的なDTPソフトで対応できますが、出力以降となると専門的なスキルが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *