オフセット印刷の誕生について

Posted by on September 2, 2018

1875年には、アメリカのロパ ー卜・ バークレーがブリキ印刷を発明していますが、現在のような平版による 紙へのオフセット印刷は、 1903年から4年にかけて、 アメリカの小さな町で石版印刷の工場を経営していた アイラ・ワシントン・ルーベルが考案しました。 ルーベルはあるとき、作業員が誤って紙を補給せずに印刷機を回してしまい、圧胴にインキ画像を転移させてしまいます。それに紙を通して印刷すると、紙の表裏両 面に印刷ができてしまったのですが、仕上がりをみると、 正規に印刷された表に比べ、間違って印刷された裏側の方が精巧に印刷されていたという失敗から考案された技術です。 やがてこの技術は、水と油の反発現象を利用し、版から直接印刷せず、別に転写したものを紙に印刷するという、現在のようなオフセット印刷方式に結び付いています。

1875年には、アメリカのロパ ー卜・ バークレーがブリキ印刷を発明していますが、現在のような平版による 紙へのオフセット印刷は、 1903年から4年にかけて、 アメリカの小さな町で石版印刷の工場を経営していた アイラ・ワシントン・ルーベルが考案しました。 ルーベルはあるとき、作業員が誤って紙を補給せずに印刷機を回してしまい、圧胴にインキ画像を転移させてしまいます。それに紙を通して印刷すると、紙の表裏両 面に印刷ができてしまったのですが、仕上がりをみると、
正規に印刷された表に比べ、間違って印刷された裏側の方が精巧に印刷されていたという失敗から考案された技術です。
やがてこの技術は、水と油の反発現象を利用し、版から直接印刷せず、別に転写したものを紙に印刷するという、現在のようなオフセット印刷方式に結び付いています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *