アイディアの探し方

Posted by on April 8, 2018

執筆していると途中でどうしても行き詰まってしまい、良いアイディアが出なくなってしまうことはしばしばあることです。そんな時は思い切って頭からそのことを離してみましょう。そうすると、意外なことで良いアイディアが舞い降りてくるかもしれません。 たとえばテレビや雑誌を見ているときや、ドライブをしながら周りの景色を見ているときなどチャンスはどこにでもあります。 書く材料探しをしていると日々の生活の中で、ユニークなアイディアはごろごろ転がっています。 そんなアイディアに突然、巡り合うことがあります。執筆に取り組んでいるとアイディアに対して無意識に敏感になっていっているので、焦らなくても大丈夫なのです。 もし、良いアイディアを思い付いたら必ずメモをするようにしましょう。 せっかく良いアイディアが浮かんでも、時間が過ぎると記憶が曖昧になってしまう可能性があるからです。 なので、チャンスを失わないためにも原稿を書き終えるまでは、筆記用具とメモ用紙は常時持ち歩いていた方が無難です。 原稿を作るには文章だけではありません。本の中に写真やイラスト、場合によっては図表やデータなどを文章の間に入れ込むことも必要なこともあります。 特に実用書の場合は、文章同様に挿入した図表やデータが決め手となります。また、著作権の侵害への配慮は十分注意しなくてはなりません。たとえば、借用したコンテンツにはきちんと必要事項を印し、出所や年月日を記載する必要があります。 場合によっては著作権料を支払わなくてはならないケースもあるので、独断で判断するのは避けて出版社の人に相談をして対処することが望ましいです。 ネットが普及している今、本を長文で埋めてしまうよりも、それらを挿入することで読者にとって読みやすい本となるでしょう。

執筆していると途中でどうしても行き詰まってしまい、良いアイディアが出なくなってしまうことはしばしばあることです。そんな時は思い切って頭からそのことを離してみましょう。そうすると、意外なことで良いアイディアが舞い降りてくるかもしれません。

たとえばテレビや雑誌を見ているときや、ドライブをしながら周りの景色を見ているときなどチャンスはどこにでもあります。

書く材料探しをしていると日々の生活の中で、ユニークなアイディアはごろごろ転がっています。

そんなアイディアに突然、巡り合うことがあります。執筆に取り組んでいるとアイディアに対して無意識に敏感になっていっているので、焦らなくても大丈夫なのです。

もし、良いアイディアを思い付いたら必ずメモをするようにしましょう。

せっかく良いアイディアが浮かんでも、時間が過ぎると記憶が曖昧になってしまう可能性があるからです。

なので、チャンスを失わないためにも原稿を書き終えるまでは、筆記用具とメモ用紙は常時持ち歩いていた方が無難です。

原稿を作るには文章だけではありません。本の中に写真やイラスト、場合によっては図表やデータなどを文章の間に入れ込むことも必要なこともあります。

特に実用書の場合は、文章同様に挿入した図表やデータが決め手となります。また、著作権の侵害への配慮は十分注意しなくてはなりません。たとえば、借用したコンテンツにはきちんと必要事項を印し、出所や年月日を記載する必要があります。

場合によっては著作権料を支払わなくてはならないケースもあるので、独断で判断するのは避けて出版社の人に相談をして対処することが望ましいです。

ネットが普及している今、本を長文で埋めてしまうよりも、それらを挿入することで読者にとって読みやすい本となるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *