構成の大切さ

自費出版する本の書くテーマなどを決めたなら、次は、どのように読者の心をひきつけるような本にするかです。

そのためには本の構成をしっかりと考え、仕上げなければなりません。

思いつくままに書いて適度なページが書けたらそれで本になるかというとそうではありません。少なくとも、読者の満足いく本にはならないでしょう。

手順として書くテーマなどが決まったら、次は本の構成を考えるのですが、構成の出来で本の魅力が決まってしまうといっても過言ではありません。

内容が良くても、構成が良くないと中身を生かせなくなり、逆にありふれた中身であっても構成が良いと読者にも伝わるのです。

構成には本の中身にメリハリのある起承転結をつけることが必要です。

起承転結と順繰りに書いてみても良いし、最初に結論から書きだす手段もあります。

また、見せ場のシーンを始めにもってくるのもアイディアかもしれません。

書く中身をどのように料理するかを練りに練っていき、本の構成が少しずつ仕上がっていきます。この作業は大変ながらも楽しめる作業の一つです。

土台となる設計の部分ですから、慌てないで丁寧に仕上げた方が良いでしょう。構成が決まったら次は章を立てる案を考えます。ここは構成をより明確に分けながら章を立てていきます。

章とは書く中身をいくつかに区分して作ります。本を何章かに分けて、一つ一つの章をどのような内容にするか、章ごとに、どのようなタイトルを付けるか、それが章立て案を練る作業となります。

多くの読者が本を選ぶとき目次をめくります。章立てから、その本の興味を見極める目安にしているのではないのでしょうか。そうなると読者が読むかどうかを判断する大事なところといえるのです。

まず、ここで読者に読む意欲を持ってもらうチャンスになります。