ノンフィクションで自分を書くか他人を書くか

自費出版に出す小説を書くにあたりノンフィクションの小説は、とても馴染むジャンルでもあります。自費出版でよく目にするのが自分史ですね。

自分のことを書くわけですから、資料として自分の記憶をたどるために日記を読み返すなり、昔居た場所を訪ねてみるのも良いですし、書きたい話の時期に時間を共有した友人と話してみるなどがデータ集めの方法の一つです。

それには、自分の思い出を思い起こす必要があります。

しかし、書く資料を1から調べ上げることよりも比較的作業がしやすいかもしれません。

ここで、ポイントとなるのが、読者の対象をどのような人に絞るかです。ここが決まらないと書く内容も定まりません。

例えば、今までの自分の人生の道のりを初めから現在まで全てを書き上げる自分史にしたいのか、それともある特定の出来事に絞って書き上げるのかでも方向が変わってきます。

また、自分ではなく他人を書きたいならば慎重に調べた資料が必要となるのです。他人の事は自分の事よりも分からないものです。

まず、本人に了承を得てから本人に取材をしなくてはなりません。

登場人物が本人以外にいるのであれば、またその関係者も取材の該当者となるわけです。

他人を書く場合に大事なのは登場人物の心境をどう表現するかです。

実際にあった出来事をずらずらと書いても読み手には響きません。

かといって、登場人物の歩んできた道のりに著者の意見を書いたところで話が膨らむわけでもないのです。

登場人物の気持ちに寄り添いながら相手の中に入り込むバランスが難しいのですが、慎重なあまり踏み込みが甘いと面白くなく、また度が過ぎてしまえば読者も引いてしまうので、これもテクニックといえるでしょう。